スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アプラス ツタヤ~5

 アプラスの「ツタヤWカード」は、
ツタヤの会員証とJCBカードを兼ねています。

また、ファミリーマートでの買い物でポイントが付いたり使ったたりもできます。
カード表面にはアプラスのマークはありませんが、
発行元はアプラスです。
今までの利用実績も審査に有利です。


 その他に、アプラスのスマイルパーソナルカードもあります。
アプラスのカードは、口座登録しないと、
コンビニでエディ払いにできるので更に他のカードからポイントもつきますここが
アプラスのよいところです。
アプラスからのJALマイルへの1ポイント10マイルというのも魅力です。


 ツタヤオンラインショッピングのツタヤWカード利用で、
+1%のボーナス・オンラインポイントがプレゼントされます。

また、ツタヤでのビデオ・DVD・CDのレンタル料をツタヤWカードで支払うと、
カード利用金額(税込)の引き落とし時にレンタル利用分の10%をキャッシュバックしてもらえます。


 提携先企業でのカード提示でティーポイントがプラスされます。
貯まったティーポイントはツタヤ online, ツタヤ等で利用できます。
全国の提携ホテルが特別割引価格で利用できるほか、
全国のレジャー施設が割引となるクーポンサービスや、
T DINING加盟レストランでのカード利用で、
最高10%キャッシュバックされるサービスなどが用意されています。

スポンサーサイト

2008年02月12日 ツタヤ トラックバック:0 コメント:0

アプラス ツタヤ~4

 アプラス
TSUTAYA Wカード(ツタヤ)は、  レンタルが10%割引になり、
ティーポイントがいろいろなシーンでたまる大変お得なカードです。

財布の中にはぜひ入れておきたい1枚です。


 ツタヤでDVDやビデオ、CDをクレジット払いでレンタルすると10%オフなります。

口座引落し時に10%キャッシュバックした金額で引落しされます。

また、 ティーポイント提携店なら条件に応じたポイントがもらえます。

旅行に行くなら、ツタヤNEW CARD クラブオフが便利です。

全国の提携宿泊・レジャー施設が最大70%OFFになります。

 また、全国の300以上の映画館でJCBカードの映画優待割引が利用可能です。
その他にも、会食・飲み会・ディナーならT DININGがお勧めです。
飲食代金最高10%キャッシュバックサービスが受けられます。

 アプラスのツアー旅行特典の内容は、
アプラストラベルサービスで、
アプラスカード会員だけにお得な旅行ツアーがあります。

アプラスカード会員なら、
パンフレット表示価格から全ツアー5%オフになります。

チケット特典もあります。オンラインでチケット検索・購入が可能で、
支払いは、 割引や特別限定など多彩なので、アプラスカードがお得です。

2008年02月12日 ツタヤ トラックバック:0 コメント:0

アプラス ツタヤ~3

 ツタヤ Wカードは、
クレジットカード年会費永年無料、更新手続き不要の大変便利なカードです。

ツタヤ Wカードは申込者と株式会社アプラスとの
契約になります。

このカードは、ティーポイントが色々なところで貯まります。
入会金・年会費無料のクレジット機能付きTカードです。
一般のTカードよりも、Tポイントがさらに貯まる他、
各種サービスが利用できる非常に便利なカードです。


また、ツタヤWカードは、好きなデザインを選ぶことができます。
カード払いなら、さらに200円につき1ポイント貯まります。

また、1000か所以上の提携宿泊施設が割引きになったり、
ETCカードの年会費も無料になりお得です。

DVDなどのレンタル店をよく利用する方は、
ツタヤWカード(アプラス-JCB)を作ると便利です。
小銭をやりとりする面倒がなくなり、しかも10%割り引きと便利に利用できます。

例えば、毎月ツタヤでレンタルを2,000円利用すると 年2,400円分のお得です。

 株式会社アプラスは、
日本の信販業界大手6社の一角をなす信販・クレジットカード会社です。

もともとは東京の日本信用販売(現:三菱UFJニコス)で、
当時の通商産業省(通産省、現:経済産業省)の指導で地域分割を余儀なくされ
「大阪信用販売」の名称で1956年に発足して、
1978年に「大信販」に社名変更、1992年に現社名になりました。

2008年02月11日 ツタヤ トラックバック:0 コメント:0

アプラス ツタヤ~2

 ティーポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開し、
同社子会社のTカード・アンド・マーケティングが運営するポイントサービスです。
1枚のポイントカード(Tカード)で、様々な提携先でポイントが貯まり、
各提携先でも利用できるサービスです。ティー(T)とは、TSUTAYAの頭文字です。

 サービス開始当初はツタヤレンタル会員証を提携先で
提示するとツタヤで利用できるポイント(ティーポイント)が付与されるサービスでしたが、
現在では提携先においてもそれまで行っていたポイントサービスをティーポイントに
完全移行して提携先同士でポイントの共通化を行っているところもあります。


 ポイントサービスではあるが、ほとんどのツタヤ店舗ではレンタル会員での入会受付となるので、
たとえレンタルをしなくとも本人確認および商品保障への加入が必要となります。

ツタヤフランチャイズ加盟の店舗に来店し、
本人確認書類(公的機関が発行したもので、
顔写真及び氏名・住所等がわかるもの)を持参し、
指定された申込用紙に記入の上、入会金と1年分の商品保障料を支払ます
(入会金・商品保障料は店舗によって異なりますが、200~500円程度です)。


 また、ツタヤ会員証にクレジットカードを付加したツタヤ
アプラスWカードで入会する場合、
これらの料金を支払わなくてもよい店舗もあります。

2008年02月11日 ツタヤ トラックバック:0 コメント:0

アプラス ツタヤ~1

 クレジット機能付きTカードのツタヤ
アプラス Wカードは、通称Wカードと呼ばれています。
ツタヤ会員証にクレジットカードを付加したものです。

現在はアプラスと提携してJCBブランドのカードを発行していますが、
かつてはジャックスやジーシーとの提携カードも発行されていました。
カードの年会費等は永年無料です。


 このツタヤ会員証の場合、カードの有効期限そのものが会員証の有効期限となり、
期限が近づくと新しい期限の更新カードが郵送されます。

従来であれば1年ごとに更新手続きを行わなければならない会員証が
自動的に更新される会員証となっており、その際の商品保障料などの費用もかかりません。
さらに、ツタヤ店舗内外での利用にかかわらず、
このカードでの支払いに対するポイントがティーポイントとなり、ツタヤ等で使用できます。


 これらの特典を備えたカードに約408万人が入会しており、
ちなみに、これはアプラスの会員数の半数以上を占めています。

なお、これまで発行されていたWカードはツタヤで発行されていたため
レンタル機能が付与されていましたが、
ツタヤすみやで発行されているWカードはレンタル機能が付与されていません。
レンタル利用するにはレンタル加盟のツタヤ店舗で本人確認書類を持参の上、
申請用紙に記入する必要があります。

2008年02月11日 ツタヤ トラックバック:0 コメント:0

| 【資金調達センター】法人融資 個人融資の無料相談から資金調達までをサポートします!TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。