スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

どうやってHSBC(香港上海銀行)に口座をつくるの?

どうやってHSBC(香港上海銀行)に口座をつくるの?




★HSBC(香港上海銀行)の口座について
・スーパーイーズ

・パワーバンテージ
複数の口座をひとつにまとめられます

・プレミア
口座残高が100万円 必要になります。
100万円を下回ると口座維持手数料が4000円くらいかかります。


★口座開設の方法

1.香港に行き口座開設をしなければいけません。
2.必要書類 日本の口座残高証明 英文
3.香港に行きます
4.地下鉄で 中環(セントラル)にいきます
5.HSBC(香港上海銀行)で口座開設するだけ
6.窓口に行き open new account !! といいます
7.japanese staff prease といいます
8.最初に 預け金150万円くらい預けましょう!!
えーそんなに預けるのと思いますが これは 最低限の金額でかまいません


がんばりましょう!!




多重債務・借入困難から 法人融資の資金調達
マンション投資・カーローン・まとめローンなども相談可能
どうやってHSBC(香港上海銀行)に口座をつくるの?


My Yahoo!に追加



fc2ブログランキング

 簡単ですね!!




スポンサーサイト

2008年06月17日 海外投資 トラックバック:0 コメント:0

なぜ、HSBC(香港上海銀行)なの?

なぜ、HSBC(香港上海銀行)なの?


HSBC(香港上海銀行)=安全性・利便性の面で考えると
HSBC(香港上海銀行)がいいということです。

あとは 香港のシティバンクです。


HSBC(香港上海銀行)について、話していきますと歴史的にみると
HSBC(香港上海銀行)は、イギリスが香港・上海を支配していたときに
金融システムを管理するためにつくった植民地銀行なんですよね。

香港最大の銀行で、紙幣を発行しています。
香港の通貨は 香港ドルです。


HSBC(香港上海銀行)では、円の入出金が現金でできるということです。

■香港の銀行の特徴は 銀行と証券の区分がないということ。

どういうことかとうと??

HSBC(香港上海銀行)で 銀行口座を作ると、
株・ファンドなどの投資商品の売買ができるということになります。

しかも、銀行預金残高と投資商品が一緒に
まとめられているというこことです。


まとめる
HSBC(香港上海銀行)で口座開設して、
120万円以上を預金して、株・投資などを始めて、預金が増えてきたら、
ヨーロッパの銀行に何億か預金しておくというのが いいですね。

そうすると 利息だけで 15%以上つくので 
自然にお金が増えていくということです。





多重債務・借入困難から 法人融資の資金調達
マンション投資・カーローン・まとめローンなども相談可能
なぜ、HSBC(香港上海銀行)なの?


My Yahoo!に追加



fc2ブログランキング

2008年06月07日 海外投資 トラックバック:0 コメント:0

海外投資とは なに??

海外投資とは なに??


海外投資とは 外国に資産をもつこと。
なのですよ!

簡単なのが 海外の銀行に口座を開設して、お金を預けることです。

香港バンクは 年利10%以上ということです。
しかも、120万円以上の貯金だと 口座維持手数料は 無料にあるのでよ!!

スイス銀行は 年利18%以上は あると聞いています。
18%は 日本で言えば 消費者金融が お金を貸す金利が 海外では・・・

日本は どうなのよ・・・ 税金 税金ばかりだね・・・


なるべく、タックスのかからないところ(タックスヘイヴン)か安いところを選ぶのが
お得ですね!!



海外投資の種類について 話します。

海外投資の種類は 2つあります。

1.日本国内の金融機関で海外の金融商品を買うこと
2.海外の金融機関で海外の金融商品を買うこと

海外の金融機関で海外の金融商品を買うことは タックスヘイヴンでということですね。

タックスヘイヴンとは なにかというと・・・
租税回避地ということで 所得税 法人税 譲渡税 利子配当税 相続税 贈与税などの
税金がかからない・低いということです。

簡単にいうと 税金のかからない国か 税金の安い国ということですね

だから お金持ちの方は タックスヘイヴンの国で 会社を作り 永住したりして
お金を増やしているということですね。


タックスヘイヴンの国
シンガポール ドバイ 香港 バハマ ケイマン諸島 バージン諸島 バニューダ諸島など・・・

そういえば 私の知人 ジェームズ・スキナーもシンガポールに移住してしまいましたね。



「お金をコントロールする力があればあるほど、海外金融機関を利用するメリットは あります」

1番気になることは 安全性と利便性 英語ですね

難関は 英語ですかね・・・

まあ 大丈夫です 

海外の銀行にも 日本人スタッフや日本語のできる方は いますので
ということは 日本人がよく、投資をしに来ているということですね。

安心できますね。


多重債務・借入困難から 法人融資の資金調達
マンション投資・カーローン・まとめローンなども相談可能
海外投資とは なに??


My Yahoo!に追加



fc2ブログランキング

2008年05月10日 海外投資 トラックバック:0 コメント:0

| 【資金調達センター】法人融資 個人融資の無料相談から資金調達までをサポートします!TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。